足止め風雲録

Master of Epic(MMORPG)における、日々の痴態を晒す日記。 ついに幕府を開き、次なる終着点はいづこ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

其之六十六:刀鍛冶

復帰してからというもの、大して出番の無かった将軍の息子達の話。

幕府も開いたことであるし、ぼちぼち将軍には隠居していただかなくてはならない。
とは言え、火力と操作の問題でPTでお出かけとなると・・・。
結局中の人間のファーストチョイスはいつも同じだ。
でもそれじゃあ生まれてきた息子達が不憫だ、活躍の場を与えないとね。
しかしこういう運命なんだと思うこともある。
幕府の歴史を紐解いてみるとそれもまぁ納得といった感じも・・・。

「~。政治機構内においては初代将軍徳川家康の治世は将軍独裁で政治が行われたが、二代将軍徳川秀忠の代はその殆どの時期を徳川家康が大御所として治世し、・・・」※

なんて具合に二代目は初代の影に隠れる形になってしまうもんなのかもしれぬ。

※wikipedia↓より抜粋

「江戸幕府」の参考文献情報
ページ名: 江戸幕府
著者: Wikipedia の執筆者たち
発行者: 『Wikipedia』
更新日時: 2006年8月12日 12:15 (UTC)
取得日時: 2006年8月22日 12:17 (UTC)
恒久的なURI: http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B9%95%E5%BA%9C&oldid=7092046
ページの版番号: 7092046



それはさて置き、鍛えなくちゃいかんのは鍛冶屋。
上の息子は、一応ではあるが複合3次になっている。
素手100まではもうちょい掛かるが。

そうしてフルメタルビショップを目指しチクチク修行を開始しようかと行動を起こしてみる。
刀鍛冶たるもの、まずは鍛冶スキルを100にせんことには始まらねぇということで鍛冶を鍛える。
凍結前に大体93程度まであったスキル値を集中して上げることになる。
トマホークが実装されてからサムオンライン時代ほどの辛さはないと聞いてはいた。
しかし100にしようかと思えば多少なりともキツさは覚悟せねばなるまいと思っていた。
思っていた、が・・・。

metalmaster.jpg


3日程度であっさり100を達成してしまう・・・。
いや、拍子抜け。
初日は確かに上がりが悪かった。93→95くらい。
2日目も低調に95→97だったか。
しかし3日目、ここから更にキツくなるだろうと思っていたが97→100・・・。
何が違ったかと言うと、無料で配布されたプレミアムチケットの使用。
「大して変わらんだろうが、こういう時にこそ使ってみるいい機会だ」
と使った結果がコレだ、意外とバカにできない代物なのかもしれん・・・。

そんなこんなでMGカタナも幕府に献上し、第一段階は達成。
でもこんなものは序章にすぎない、後に控えている魔熟・召喚・神秘を考えると、ねぇ。
チケット何枚あったかな・・・。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。