足止め風雲録

Master of Epic(MMORPG)における、日々の痴態を晒す日記。 ついに幕府を開き、次なる終着点はいづこ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

其之参十九:御役御免

以前、この島に一人の男が流れ着いた。
名を「ムゲン」という。
漂着してからというもの、かつてまだ一介のサムライに過ぎない私の太刀持ちとして、あるいは倉庫の整理が万全でない私に代わってカオスに参戦していたりもした。
総スキル数502.8、シップは剣士。
この男もサムライを目指していた。

しかし、最近は故あってカオスにも参戦することはなく、日の当たらない苦悩の日々を送っていた。
そして苦渋の決断・・・。

男は島を出て、異国の地へ赴き独りで修行する道を選択した。


20050921023517.jpg


君の選んだ道が、常に明るい希望の光で照らされていますように・・・。


ということで1キャラ整理しました。
理由は・・・まあ色々とあるんですけれども。
しかし自分で消しておきながら言うのも何なんですが、せっかく生まれてきて、使ってきたキャラを削除するのは悲しいことで・・・。
「思い入れ」と言うのでしょうか。
しかも、育ったキャラに関してはそれ以上いじりたくもないという・・・。
理想・目標があるために流動的にスキルを変えたりできないというか。

ん~、自分でも何を言いたいのか分からなくなってきた
(ノД`)

とにかく彼に関しては働いてくれた、という貢献度的な面で考えると感謝しなければならない点が多い。
特に勝てなかった時期のカオスはほぼ彼が参戦してくれていたし。
そういった意味で彼の残した功績は「二階級特進」に値するものでもあります。
またいつか、ダイアロスの地に帰ってくることを願って・・・。









で、もう一つ。
私的には彼が私に残したメッセージというか、預かり物でもしたかのような気分になる物が。


20050921214646.jpg


右手に着けている物が「ホワイトバンド」。
公式にもあるように、「ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」の配布物。
私からすれば、彼もまた独り旅立ち、まずしさの中で修行をしていくのでしょう。
そんな彼を応援する意味もあって(少々こじ付け気味)着けてみました。

それは別にしても、実際世界中で貧困に喘いでいる方々は相当数に上ります。
貧困だけではなく、疫病、災害、戦争・・・。
例え偽善だと思われても、やはりそういった問題は放っておけない以前に支援して然るべきものだと感じています。

それをしたからといって偉いわけでもなければ、しなかったから非人道的だなんて言われる所以もない。
考え方は人それぞれです。
それこそ地球上の生物を一掃できてしまいそうな兵器を持って平然としている国もある。
そういう人間もいるくらいです、現実にはね。
でもそれだって「悪」かといえばそう捉えきれない部分もある。
可笑しな世界です、全くもって興味深い。

む、話が大きくなりすぎる。

中でこの文章を書いている人間の手にも、バンドが着いてます。
貧困だけじゃなく、色々な面で恵まれているといえるわが国。
その反面、世界の中では「ボランティア意識の低い国」というイメージを持たれたりもしているのが現状。
今回のキャンペーンからでも意識改革がなされて、しっかりとした支援ができる国に変われればなァと思う次第であります。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。