足止め風雲録

Master of Epic(MMORPG)における、日々の痴態を晒す日記。 ついに幕府を開き、次なる終着点はいづこ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chaos Age(10/1~10/2)結果&レビュー

先週悩んでいた事がようやく理解できました。
コマンド「/gametime」で表示されるゲーム内時間の事。
1年365日の概念はMoEでも共通らしい。
また365日目の冥の日を迎えると、翌日も冥の日になる。
週末、カオス時にはこのコマンドで確認しておくのが良さそうです。
詳細は「MoE Wiki」の「ChaosAge」のページの「全般のコメント」を参照されたい。

ところで、どうやら新GKについて。
筋肉国宝様のトコでちょっとそれに触れておられます。
今回は予想を覆し、西や東ではなく「I(インフェルノ)GK」とのこと・・・。
またイベント形式で導入するのか。
あるいは唐突に導入されるのか。
はたまた噂の試験鯖で様子を見させられるのか。

まァ、どういう形にせよ早く実装して下さいよ、と
(;´Д

















第一戦:10/1(土)02:42:52開門

今週の初戦。
とりあえず開門前の人数は、
chaos56.jpg


3時近くということもあり、やはり勝利するには厳しめ。
しかし以前に比べれば、100人を超えている時点でありがたいことで・・・。

中には
chaos57.jpg

こんな応酬も見られたり。
先週だか先々週にも同じようなchを見かけたような。
楽しみ方は人それぞれ、参加するもよし、帰るもよし。
まあ私は負ける回があるからこそ勝てる回の喜びも一層深まるんじゃないかとも思ってますし。
勝てないと分かっていても24時間耐久する楽しさもあるしね。

そして私、今週は運悪く、いやウン良く(?)

chaos58.jpg


辺境へ。
当然前衛に出来る事がない辺境では足踏みしているわけにもいかず・・・。
幸いというか、素手&キックなので逝っても攻撃手段はあるし・・・。
てことでカオスウンディーネに突撃!

再突入したのが火の門。
暫くして沌の日を迎え、60人でSGK戦スタート。

chaos58.jpg


一体目の体力はそれなりに削ることもできた。
分身を出すに至りはしたものの、やはり分断させられてしまう。
すると徐々に周囲は死屍累々、戦力がダウンしていき、

chaos60.jpg


敢え無く撃沈。

chaos61.jpg


時間にして沌の日7時。
全滅したのが2時間前だとすると、正味5時間の戦いでした。

結果は、辺境突破ならず。
地の門
火の門60人で同じく敗退。


第二戦:10/1 (土) 12:47:40開門

第二戦もまた昼間につき静かめなカオス。
chaos62.jpg

この人数で開門時間を迎え、これまた静かに突入する。

突入先は地の門。
またまた厳かに沌の日を待ち、41人で開戦。

chaos63.jpg


隣にいるのがFSの「いるか」殿。
氏もまたカオスに魅了されてしまったうちの一人。
毎週、ほぼ全戦に参加しているうちの一人。
同じFSにこれほど熱狂的な方がいるとは、なんと喜ばしい事だろう・・・。
なかなかINしている時に言えるものでもないので、この場で敬意と感謝の念を表させて頂きたい。

アリガトーーー!!
・゚・(ノ∀`)・゚・。


というわけで開戦したのも束の間、

chaos64.jpg


すぐに地に突っ伏す私・・・。
「地に落ちる」とはまさにこのことか。
・・・なんて上手い事を言っている場合でもない。

今回も蘇生&回復&配布の方々の暖かい支援は絶える事がなかった。
逝ってもすぐに起こして頂き、戦いを諦めない心を植えつけてくださる。
どれだけ感謝してもしきれない存在。

しかし時間が経過するにつれ、逝く回数も増えてきてしまう。
そんな不甲斐ない私をこの方も呆れ顔で見ていたことだろう。

chaos65.jpg


「そんなとこで座ってる暇があったら戦わんかい!」
と今にも怒鳴られそうな女王様の横で自然回復中。
何せ今のところまともな回復手段といえば、荒くれ&アスリートのマスタリー効果しかなく・・・。
今現在素手スキルは76.3、80になればスパルタンフィストが普通に使えるようになる。
来週には使えるようになっている・・・ハズ(;´Д

そんな私を尻目に戦闘は進み、触手二本を見事撃破。
いざ本体戦へ!

chaos66.jpg


出現時にも、相変らず逝っている私・・・。
しかし本体戦に辿り着いたものの、やはりここが限界。
夜の第三戦に復讐を期す。

結果は、辺境突破ならず。
地の門41人で敗退。
火の門41人で同じく敗退。


第三戦:10/1 (土) 22:52:28開門

予想通りというべきか。
chaos67.jpg

出足も好調。

chaos68.jpg


時の間に入っても余裕の面持ちで奔流を遠目から眺めてみたり。

しかしそのわりには戦闘中のSSが1枚もない・・・。
火の門に飛び、開戦までボーっとし、戦闘はココゾとばかりに叩きに行くもんだから気付かぬうちに終了・・・。
勝てればそれにこしたことはない。
が、やはり少人数のカオスも面白いと、大人数の中で改めて感じる。

そうそう、この回で一つ問題になった点。

SGK本体出現後、最下層に降りてきたもののまた浮上してしまう件。
あれって飛行系ペットが問題視されてはいるものの、この回そういったペットや召喚獣は見当たらなかったにも拘らず浮いていた。
まァエフェクト落としているので見えなかっただけかもしれないが・・・。

で、飛行系のものがいなくても浮いてしまっているのは何故か。
どうやらSGKの技を食らって空中に飛ばされ、あるいは中層に飛ばされているものに着いて行くが為に浮いているのではないか、とも。
そりゃあ中層からあえて攻撃しているPCがいたら話は別だけれども。

確かに長時間浮かれてしまうと最下層の近接系PCは攻撃不可となる。
その分火力が衰え無駄に時間を費やすことになり、食らわなくてもいい「天ヨ・・・」を下手に食ってしまう。
エフェクトを切っているPCが多いだろうから、被害は少なくないだろう。

最近ではWikiでも「ギガス共闘」のマナーについて様々論議」されてもいた。
大人数で戦うカオスにもそういったマナー、というより合理的戦略(AUCTIONで場内アナウンスをしてらっしゃる方もいる)が少なからずともあり、それを無視してまで戦おうという方がいるならば、ちと困り者だ。
しかし、見たところそこまでの方は見受けられないので今のところの原因は、やはり先ほど述べた「吹き飛ばし技」による被害であると考えられるのではないだろうか。

いずれにせよ、被害に遭うのはカオスに来ている時点で多少は鑑みておいて、取り立ててギャーギャー騒ぐ必要もないかと思われる。
結果として勝利できているわけだし。
それが原因で敗北を喫するような場合があれば、それはそれで問題にもなるであろうけれども。

と、SSがない分文章で誤魔化してみたり・・・。

結果は、辺境無事突破!
地の門342人で勝利!
火の門285人で同じく勝利!

今週初の完全勝利となりました。


第四戦:10/2 (日) 08:57:16開門

まったりとした日曜の朝。
同じくまったりとした第四戦の開門時間。
chaos69.jpg

まったりまったり・・・。

chaos70.jpg


舞ったり舞ったり・・・。

てなわけで地の門。
最終的に23人でスタートし、

chaos71.jpg


触手一本撃破したものの本体戦までは辿り着かず。
それでも24時間戦えれば文句もない。
むしろ毎回の回復&配布殿たちに感謝は山ほど。

結果は辺境突破ならず。
地の門23人で敗退。
火の門19人で同じく敗退。


第五戦:10/2 (日) 19:02:04開門

晩飯時と重なる最終戦。
FS内でも飯AFKする方もいて、正直微妙だと思っていた回。
開門前の出足に関しても、少なくはないが
chaos72.jpg

決して多いとも言えない人数。
しかしD鯖が1時間前の18:00オープンの回に完勝しているだけに、続け(私的には負けてられるか)とばかりに参加者各人気合いが入りまくる。

chaos73.jpg


辺境の間に入り、近接が故のもどかしさを感じつつも召喚ペットの勇姿を目に焼き付ける。
125人、ペースもよく次々とカオスウンディーネを撃破していく。

そして3体目終了も迫り、LDしないことを祈る。
結果、無事に一発で火の門へ。

辺境組が合流した各門の人数は、地の門215人、火の門192人。
結局は両門とも200人前後となり、今週最後の戦いに臨む。

chaos74.jpg


火の門に崩れ落ちるSGK。
前週の第三戦でも似たような人数で完勝してもいるので、特に心配も不要であったようだ。
この回は前回のように長時間浮かれることもなく、実に危なげない戦いぶりだったように思う。

結果は、辺境無事突破!
地の門215人で勝利!
火の門192人で同じく勝利!

最終戦を見事白星で飾る事ができました。

というわけで今週も全戦参加してきました。
どの回も楽しかったのは、ひとえに一緒に戦ってくれた方々の支援や頑張りの賜物です。
どうもありがとうございました!
そして来週もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。