足止め風雲録

Master of Epic(MMORPG)における、日々の痴態を晒す日記。 ついに幕府を開き、次なる終着点はいづこ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

其之伍十四:カオスということでね

先週は事もあろうにカオスに不具合が発生しましたね。
壱カオスファンとしては嘆かわしい限りですよ・・・。
ホント、しっかりしてもらわにゃ困ります。


で、今週のカオス。


ここ暫く時間的都合で参戦してなかったNGK戦。


chaos110.jpg


特に大きなLDも起きずに快勝。


続く第2戦、SGK。
知らぬ間に最強GKと称されている。
GK単体として、という意味なのかな。
IGKはじゃがいもが邪魔、WGKは環境が悪い、ってトコか・・・。

しかしこの回は入門時に大量LD発生。
257人で戦いに挑むも、残りHP40%くらいのところで崩壊。
結構粘ったものの、


chaos111.jpg


逝く時は逝く、と。

chaos112.jpg


元気に暴れる姿を見るにつけ、やはり最強は伊達じゃないと実感。
P鯖は286人で勝ったようなので、それを思うと悔しいところ。

でもあれですね。
地・火の両門に入ると、まだ朝のカオスがあった頃を思い出したり。
12人で24時間耐久とか楽しかったなぁ・・・。


chaos118.jpg


SGK戦での宇宙も久々。


第3戦、冥の門はLDに巻き込まれてしまったので不参加。
まぁこればっかりは仕方がない。


日付が変わって第4戦。
ここでもLDが猛威を振るい、入った風の門はなんと175人・・・。


chaos113.jpg


サボってるわけじゃない、休憩中ですよ!

でも175人とかって人数でも勝ててしまうのはEGKならでは。
最近では変形も順調で、安定して勝利が見込める門になりましたね。
とは言え、第3形態のロットンスティームは最凶。
この回もしっかり3回ほど逝かされ、


chaos114.jpg


俺の屍を越えていけ!といった感じでしょうかね・・・。
壁に挟まれたりすると身動きが取りづらくなり、逃げ遅れてしまう。
もうちょっと考えて行動しないといかんね。


第5戦は火の門を選択。
残りHP60%程度のところから再戦。


chaos115.jpg


SGKがウェーブダンスを踊っている・・・、
わけじゃないが、そう見えなくもない・・・。
とりあえず前日の借りを返す。


そして最終、第6戦。
天の門が実装されてから彼是2ヶ月が経過した今週。
しっかしまぁ徹底的に見放されている。
これはもう水の門を含めた5門を全部撃破しない事には参拝も不可能なんじゃないかと思われる・・・。
来週は友人の結婚式で参戦できんしな。

とまぁ愚痴はさておき、不良娘の守る水の門。
ここはここで包帯が続く限り一応戦えるので良しとする。
なぁんて偉そうに言ってても、


chaos116.jpg


しっかり逝かされるわけですがね・・・。
残り時間、残り人数も僅かとなり、暇を持て余したので、


chaos117.jpg


カオスワイバーンとWGKのタイマンを激写してみる。
陸海空の全てを戦闘フィールドにできるWGKも考えてみればかなり厄介。
LoCはさておき、未だ勝ち星を挙げられないってのはある意味凄いことなんじゃなかろうか・・・。


以下、ちょっとした総括とちょっとした拾い物。










懸念される点は多々あります。

まずはサーバーの脆弱性。
これに関しては特に新運営に以降後、更に悪化の一途を辿っています。
大人数が集まる場所でのラグはある程度は仕方のない事とはいえ、それを嫌ってカオスから足を遠ざけている方もいるでしょう。
この問題は、最近では生産のルーレットにも異常を来す等、早急に改善されるべき点ではないでしょうか。
MMOの醍醐味でもある「大規模攻略戦」が正常な状態でできないというのでは本末転倒です。
これは運営を同じくするKnight Onlineでも同様の障害があるようですね。

あとはやはりWGK及びLoCの調整の必要性。
プレーヤー側の努力が足りない、というレベルを逸しているようにも思われます。
勝てない状況が以後続くようであれば、折角高まってきた機運が再び損なわれる危険性もあります。
現に昨日のカオス、最終戦に関しては300人に満たない参加状況が3鯖通じて見られます。
天の門が実装されて2ヶ月、既に参拝が済んでいる方にとって勝利の見込めない参加はあまり旨味もないからといったところもあるでしょう。
これでは、いつまた「過疎スエイジ」と言われるか・・・。
「勝つことだけがレースの全てじゃない。無論、負けるつもりでグリッドに立つ人間もいないけどね。」
という言葉を某所で耳にしたことがあります。
私がカオスに参戦する意味もこの言葉にあるのではないかとも思っています。
他人にそれを求めるわけではないですが、どうか諦めないで欲しい。

加えて、大きなLDが起きて大幅な戦力ダウンを強いられるのはいかがなものでしょう。
LDが避けられない事象であるならば、少なくとも復帰点を時の間にする、あるいは時の間へ入れる時間をGK出現時間まで延ばすといった対策が望まれます。
楽しみにしていた時間をLDによって数秒で終了させられる現仕様には納得がいくものではありません。
排出された側もそうですし、入門した側の戦力も喪失させられてしまいます。

しかし、今の運営に改善を表明したところで無駄ではありましょうが。
まぁ気長に待ちますよ、限度はあれども・・・。
どんな状況にあっても私はカオスファンであり続けたい。
ですがカオスの特性上、一人では楽しむことは出来ません。
多くの方に愛されるカオスであって欲しいと願っております。


↓はおまけ。
以前失ったカオス剣の代わりに、なのか。
あるいはカオスに対する愛が通じたのか。


20060220011310.jpg


「ナイト クラウド」という剣を第5戦(火の門)勝利後、原初の泉で拾いました。
性能は↓な感じ。


night-cloud.jpg


表記通りやたら耐久が高い。
攻撃間隔が刀の約1/3ってのはサムライにとっては重要でもある。
でも所詮は観賞用でしかなく、実戦で用いるなんて勿体無いことは出来ない。
正直嬉しくもあるが、鑑賞するほど大したグラかといえばチョッと疑問・・・。
やはり刀が良いねぇ、虎鉄っちゃんの方がね。
それよりサムライシップ装備はどうしt・・・。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。